長崎でiPhone修理をお考えならifc西日本佐世保北店へお任せください!ガラス割れ・バッテリー交換・ボタンの不具合即日修理いたします!

水没修理

  • HOME »
  • 水没修理

意外と多いiPhoneの水没

iPhoneはどのような形であれ、内部に水分が入ってしまうと簡単に故障してしまいます。

洗面所やお風呂場、洗濯トイレなどを始めとした日常生活、海やプールといった夏季特有の原因のほかに、真冬に起きやすい結露も水没原因のひとつです。
雨や漏水等、年中起きる可能性のあるハプニングもあり、水没の恐怖はすぐ近くに潜んでいます。

水没は1年を通してどの季節でも発生する可能性が有ります。

iPhoneの故障と言うと画面が割れている事が真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、水没による故障も増加しています。

万が一水没してしまったら?

「電源」は決して入れないでください!

電源を入れてしまうと、内部に入り込んだ水分を伝わって電流が流れてしまい
内部のパーツや基盤がショートしてしまう恐れがあります。

水没してしまった後に「電源はつくかな?」とついつい試してみたくなってしまいますが、
ショートしてしまうと復旧確率が大きく下がってしまいます。
修理不可能に陥る場合もありますので、決して電源は入れない様にして下さい。

水没後は可能な限り早めの修理を

水没後のiphoneはまだ中に水分が残っている状態です。
放置していても内部の水分が綺麗に無くなる事はありません。(水分の量にもよります)
ほとんどの場合、内部に錆びや腐食が進んでしまい、復旧が困難になってしまいます。

水没の際は水没からの時間が早ければ早いほど復旧出来る確率があがります。
水没直後であればクリーニングだけで他パーツの故障も事前に防ぐことが出来るかもしれません。
基本的には一度iphoneを分解して完全に水分を取り除く事が必要となりますので、
万が一水没してしまったら、可能な限りお早目にお持込下さい。

修理に掛かる時間は?

水没修理の修理時間は画面割れ等とは異なり、水分の量や水没個所により変動致します。
部品の交換や基板の修理も必要と、故障個所が多岐に渡っている場合には、数日お時間を頂く場合が御座います。
詳細は、お気軽に店舗スタッフにお問合せくださいませ。

水没を防ぐために

まずは「常に持ち歩かないこと」です。
お風呂やプールではどれだけ対策を施しても水没する可能性が非常に高く危険です!
今はプールやお風呂で使えるものとして首から下げる防水ケースがありますが、隙間から水が入ったりと完全に防げるものではありません。ですので、水場に行く際は持ち歩かないことをおすすめします。
他にも洗濯をする前に衣服を確認することなど、日常生活で少し気を付けるだけで防げる水没もありますので、まずは身近なところから防ぎましょう。

PAGETOP
Copyright © iPhone修理のifc西日本佐世保北店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.